スポンサードリンク

○○体操

美しい整形外科医の骨盤ストレッチで痩せる

○○体操トラックバック(0)

美女医式骨盤ストレッチというのがはなまるマーケットなどでも出た中村格子先生。

気温が上がってくる初夏の時期はデトックスにも最適。
骨盤ストレッチに挑戦したいと思います。
運動はたくさん激しくすればいいと言うわけではなさそうです。

筋肉を温めてうまく動くようにしていくことで、痩せやすい身体を作ります。
むくみを改善してホルモンの分泌をよくして、冷えも改善します。
また、リンパの流れもよくなり老廃物をためにくい身体作りに貢献するわけです。
ストレッチは大切なんですね。

特に女性がスリムで美しく痩せるには柔らかい筋肉が必要。
可動範囲が大きくなることで消費するエネルギー量もアップしちゃう。
動きやすいんだもの、運動しようと言う気になりますよね。
健康と美しさは比例するということです。

12種類の簡単な骨盤の動きでDVDがついた本を出しています。
日常の生活習慣で骨盤が傾いたり左右差が出るらしいですね。
だから、それを修正していくことで痩せやすい骨盤の身体になるんでしょう。
整形外科医の中村格子さんご自身も美しくてモデルさんみたい。
説得力があります。

○足のふくらはぎや膝下をほぐします。
ふくらはぎはアキレス腱の伸ばすストレッチ。
くの字になって太腿の筋肉をストレッチ

○仰向けで膝を曲げ片足を反対の足に乗せます。
股関節を開いて乗せることでお尻に効いてきます。
その足を浮かせてお腹に引き寄せます。
けっこう下腹にも効きますね。


スポンサードリンク

きくち体操で痩せる?「生島ヒロシおはよう一直線」

○○体操トラックバック(0)

きくち体操の菊地和子先生って本当にハツラツとされています。
CDブックも出たようなので注目ですね。
座ってできる体操もあるのです。
首、肩、腰、膝の不定愁訴にもよさそう。

足腰は大切です。

菊地先生は「生島ヒロシおはよう一直線」にも出ていました
きくち体操は、生きる為の力を育てる体操!
今日は、100歳まで歩ける足を育てる、ということで特集でした。

脚って大事です。
その足力をつける体操をやっていたのですね。
普段の姿勢を気をつけるだけで、筋肉をトレーニング。
特別変った動きでなくても意識を持っていくこと。

意識を向けて集中して動くと、それだけで頭がハッキリしてきます。
きくち体操はヨガとかダンスとかともちょっと違う感じ。
指導者のかけ声で身体を動かすのですね。
そして、意識を向けるのがポイント。
脳を活性化していくからそこもいいです。

太っている人はどうしても、身体を動かしにくくなってしまいます。
それで悪循環になってしまうけど、特に♪女を捨ててはいけません。
ウエストは贅肉がつきやすいところですから。
自分の身体に意識を向けて血液循環をよくしていく。
お腹の筋肉もつけて脂肪でなく赤身に変えて行きましょう♪

はなまるマーケットでのきくち体操について


大人のラジオ体操でしっかり動いて痩せる

○○体操トラックバック(0)

「大人のラジオ体操」をはなまるマーケットで紹介。

「大人のラジオ体操」(講談社)
中村格子著 
秋山エリカ監修

1964年12月31日生まれ
福岡県出身でバレエの経験から、その後器械体操、そして新体操。
ロサンゼルス、ソウルオリンピックでも活躍の秋山エリカさん。
2012年5月1日(火)放送
TBSテレビ「はなまるマーケット」ではとくまるのコーナー。
大人のラジオ体操で紹介してくれました。


はなまるマーケットで紹介のきくち体操の秘密とやせるポイント

○○体操トラックバック(0)

DSC_1182.jpg

11月14日放送されたはなまるマーケットのきくち体操。
40代以上の女性に人気!きくち体操の創始者「菊池和子さん」
菊地和子さんはなんと77歳だそうです。
はなまるマーケットでもとてもハツラツとしていました。

ポイントはどう動かすと体のどこにどういいのか?
結局意識を向けていくことが大切なんですね。
40年以上にわたり繰り返し研究・実践していったそうです。
その結果確立したのが"きくち体操"で今も現役バリバリですって。
きくち体操ってネットでもなかなか、動画も拾えないんです。

私は本で知ってかなり前から注目していました。
テレビではこんな体操をしていましたね。
本のもけっこうあって、すごくわかりやすかったです。

DSC_1183.jpg

■お腹を引き締める・きくち体操の手順
お腹をつかみます。
おなかが出ていない人でも奥までしっかり掴む。
お腹をぐーんとへこませます。
⇒これがなかなか、効きそうです。

■ぐっとつかんだ(たるんだ)お腹を意識しながら次も行います。
腕をねじりましょう。
肩の高さぐらいまで腕をあげます。
内側と外側の交互にねじります。
次に、両腕をおおきく回しましょう。

それぞれの部分を意識しながらゆっくり時間かけて回す。
終わった後にはポカポカ血行がグーンと良くなっていました。


TOPPAGE  TOP