スポンサードリンク

メタボリックシンドロームを理解してダイエットを始める!

メタボ.jpg

メタボリックシンドロームという言葉は、
2006年度の流行語大賞の候補になったそうです。
まず思い浮かぶのが、巨大化したお腹の写真。

ズボンやスカートがきつくなってきたな・・・とか
なんだかお腹が目立つし、ぽっこリしているとか。
見た目でもよくわかるのですが、実は中身がもっと問題です!

実際、『メタボ』という言葉で呼ばれていますが、
病気になるリスクを意味しますので、注意が必要です。
メタボリックシンドロームは、『内臓脂肪症候群』ということです。

内臓のまわりの脂肪の割合が高いわけですね。
高脂血症や高血圧、高血糖というリスクがあります。
心疾患や脳血管の疾患の引き金にもなる、『動脈硬化』。

血管は、ゴムホースと考えてください。
硬くボロボロになってしまったら、役割を果たさなく
なり、大変なことになります。

メタボリックシンドロームを防ぐにはどうしたら
よいのでしょうか?
食事と運動で防いだり、改善していく必要があります。

スポンサードリンク
TOPPAGE  TOP